お知らせ

△3月28日でBARNSTORMER KAKUREGA『隠れ家』の2周年です。 △バーンストーマーショップopen 東京都江東区常盤1-4-10-A(隅田川沿い) △Open 平日13:00~19:00  土12:00~19:00 日13:00~18:00 月、火曜日は定休日となります。ご来店を心からお待ちしております。 △只今、『隠れ家』の1Fにてアウトレット開催中! △インスタグラムのアカウントbarnstormer.chinos毎週水曜日のお昼12時20分からディレクターのモンロウ氏による『バーンストーマーTV』をお送りしています。 △YOUTUBE始めました!『アパレルの素』で検索してください!チャンネル登録してくれたら本当に嬉しいです! △全国の皆様に履いていただきたい!知っていただきたいので送料無料です!

新着商品


スキッパーポロ

16,280円(税1,480円)



5001Y.A.BERA リーフ柄

17,600円(税1,600円)




1980P マリンパンツ

20,900円(税1,900円)


1323P-DG

28,380円(税2,580円)


1313P-DG

20,680円(税1,880円)
SOLD OUT


新着情報

  • 2022/03/05 

    EVERにて 2ドレスチノ 1002pが掲載されました。

  • 2022/03/01 

    mini snowman 佐久間さん が チノショーツ 1402Pを着用してくれました!

  • 2022/02/25 

    MONOMASTERにてJO1さんがノーピードレスチノを着用してます!

  • 2022/02/25 

    MENS FUDGE にて1254Pポーラマッカーサー、1315Pトロファティーグが掲載!

  • 2022/02/05 

    2nd 2月号にて サファリジャケット、ツープリーツチノが掲載!

  • 2022/01/15 

    CanCam にて snowmanさんの カレンダーで、チノベスト、ジャケット、ノーピーチノが掲載されました。

  • 2022/01/05 

    FINEBOYS ドレス6P カーゴ I323Pとオックスフォードバックスが掲載されました。

  • 2021/11/25 

    KISSにてBE:FIRSTさんが1363Pドレスブッシュを着用してくれました!

  • 2021/11/24 

    men'sFUDGE12月号にて1363Pドレスブッシュ、1240P14フランネルが掲載されました。

  • 2021/11/22 

    美的12月号でNEWSの小山さんが1220Pフラノイージーを着用してくれました。

  • 2021/11/19 

    MEN,S Precious WEBのワードローブの永久定番にて1001Pノーピードレスチノ、1313Pドレスファティーグ、1244Pスコッチチェックが掲載されました!

  • 2021/11/17 

    anan11月号にてなにわ男子の長尾 謙杜さんが英国ホームスパンのベージュを着用してくれました。

  • 2021/11/16 

    2nd12月号にて1333Pドレスファティーグ OFFが掲載されました。

  • 2021/11/16 

    Begin12月号にて1240P14フランネルが掲載されました。

  • 2021/10/24 

    men'sFUDGE12月号にて1242P英国ホームスパン、1992Pドレスワークパンツが掲載されました。

1977年創業の日本で初めて本格的なチノパンを国産で作りあげたブランド。
バーンストーマー

当時からアメリカと同じクオリティを再現するために、生地に使われる糸の質、工場のミシンの種類、
複雑な工程を行える職人など、本物のアメリカントラッドを追求したチノパンでした。
それを復刻させるべく、当時のスペシャリストたちに声をかけ、まさにスペシャルな復刻をとげました。
生地は国内でも特に軍物生地を作らせたら1番のメーカーで、今回の生地は強度を上げながら
ソフトな風合いに仕上げるという独特な視点で作り上げてもらいました。
工場はスーツの産地でもある東北で当時のバーンストーマーのチノパンを縫製していた工場です。
前立てを内股十字に伸ばし、シック(補強)になっている事、左脇ポケットの内側に忍びポケット、
腰裏マーベルトが伸縮性のある千鳥ステッチで止まっている事など、多彩なスーツ屋の技に加えて、
さらに今回は仕立て屋が施す仕様を入れて、カジュアルパンツになかったきめ細やかな技がプラス。
後ろ身と内股に三角のマチ(これは仕立て屋が生地の幅に合わせて行うひと手間)、
内股の縫い代の幅が前後で違うのも、後に丈詰めのときになどで太さを微調整するための工夫です。

こうして出来上がったチノパンは、日本の職人がもつ技術で60年代のアメリカの表情を
そのままに仕上げた逸品です。

Calendar

2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
*12/27~1/5まで年末年始休業とさせて頂きます。

About the owner

海老根モンロウ

こんにちは、バーンストーマーのモンロウです。

Top